イオンカード ETC

イオンカードのETCでスムーズなドライブ

ネットからの申し込みでポイントプレゼント!

▼詳しくはこちら▼

 

 

イオンカードなら年会費無料だしETCカードも無料なのでおトクですね!

 

 

ETCがあればドライブも楽しくなります

高速道路で最も渋滞が起こりやすい場所は、一旦停車をして高速料金を支払わなければならない料金所付近だと言われています。

 

休日を利用して高速道路を使って車でお出かけする方も多いと思いますが、とても楽しい時間であるはずのお出かけも、やはり渋滞による混雑は、楽しい気分から一転して疲れやイライラの原因を招く厄介なものでもあります。

 

しかしながら近頃では、ETC(ノンストップ自動料金支払いシステム)を利用する方達が増えてきましたので、ETC専用レーンに至っては、一般料金レーンよりも非常にスムーズな通行状況となっています。

 

ETCシステムを利用するためには、ETC専用の車載器とETCカードが必要となるのですが、イオンカードのETCカードは発行手数料が無料となっていますので、気軽に申し込みをすることが可能です。

 

ETCカードは、高速道路を利用するたびにイオンカードのポイントとETCマイレージの2つのポイントを同時に貯めることができますので大変お得なカードです。
ETCがあれば、お得にポイントを貯めながら、料金所で停車をすることなくスムーズに通過できるようになりますので、ドライブ中の混雑を回避したい方におススメです。

 

複数の車載器及びカードでの利用

ETCカードやETC車載器など、ETCのシステムを利用するために必要なツールをそろえ、セットアップなどをしたら、早速ETCカードを利用してみましょう。
ETCカードの利用によって、従来では考えることができなかったスルーパスも可能になりますから、初めて利用する方にとっては、この上なく楽しみに感じることでしょう。しかし、同じETCカードでも、環境が違えば、利用の方法は変わってきます。
そのため、それぞれの環境において、どのように利用すれば良いのか、しっかり押さえておく必要があります。
ここではまず、複数の車載器、もしくは複数のETCカードを使用して利用してみる方法について見てみましょう。

 

1枚のETCカードで複数の車両で利用する場合

ETCカードは、1枚で1台の車しか利用できないとイメージするかもしれません。
しかし、実際はそうではなく、レンタカーを利用したり、もしくは友人の車で運転する場合でも、1枚のETCカードで使用することができるのです。
というのは、ETCカードに利用履歴が記録されるため、車載器が搭載されている車であれば、使用可能なのです。

 

1台の車両で複数のETCカードを使用する場合

例えばですが、往路はAさんのETCカード、復路はBさんのETCカードという風に、状況によって使い分けをすることもできるので、非常に便利なのです。
ETCカードは、決して融通が利かないわけではなく、状況に応じて使い分けなどができるカードなのです。

 

>>イオンカードのお申し込みはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ